ごはんを楽しむ

障害者福祉施設で初のG-gap(グローバルギャップ)を取得!

わたむきの里福祉会は、日本の障害者福祉施設としては初めて農産物の国際認証規格であるG-gap(グローバルギャップ)を取得しました(農福連携協議会調べ)。

●現地の様子などは >>> こちら

●わたむきの里が作ったお米は >>> こちら

第16回 お米日本一コンテストinしずおか 2019 結果アップしました!


今年は全国37道府県から過去最高の601点がエントリー ✨ 

第16回お米日本一コンテストinしずおか2019が、11月28、29日、静岡県静岡市のグランシップで開催されました。静岡県は日本一ごはんの消費量が多い県!その静岡県が主催する「お米日本一コンテスト」は今年で16回目の開催。今回は過去最高の出品(601点)の中から、令和元年産の日本一のお米を競い合いました。
 米コン2019 ▶ 記事を読む NEW
 米コン2018 ▶ 記事を読む

「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2019の記事を掲載しました!

本サイトが応援(協賛)しています「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2019は入賞者への表彰式をもちまして終了いたしました。今年も「全米販ごはん彩々賞」をはじめ素敵な作品が全国の子どもたちから寄せられました。

表彰式の様子などをぜひご覧ください >>> こちら

おこめ券でおいしい新米を!キャンペーン 当選者発表

先般、「おこめ券で美味しい新米を!キャンペーン」を実施いたしましたが、以下の通り、当選者を決定しましたので、ここに発表いたします。募集ページでの発表になりますことをご了承ください。(最下段をご参照)
⇒発表はこちら

夢の実現に向け入賞を目指す!/わたむきの里・酒井さん

国内最大級のお米の食味コンテストで、「わたむきの里」の酒井常務理事が講演しました。会場には遠藤五一さんも駆けつけました!

▼現地レポートはこちら⇒こちら

遠藤五一氏の息子(優一)さん/国際大会で上位入賞!

遠藤五一さんのご子息(優一さん)が、国内最大級の食味コンクールで入賞を果たしました!!

▼現地レポートは⇒こちら

「おこめ券でおいしい新米を!キャンペーン」を開催しました(終了しました)

おいしい新米が出そろいました。この機会におこめ券をゲットして日頃食べない新米を食べましょう!

「全国共通おこめ券」は、「お米の贈答券」として1983年(昭和58年)11月に発行を開始しました。
おかげさまで、発行開始から36年を超え、長い間、お歳暮などの贈答に多くの方にご愛顧いただきました。

お米に関する簡単なアンケートを答えるだけで、抽選でおこめ券をプレゼントいたします。
応募期間は、12月2日(月)~12月15日(日)
ぜひ、おこめ券でおいしい新米を味わってください。

 ・「全国共通おこめ券」10枚セット 2名様
 ・「全国共通おこめ券」5枚セット 10名様


キャンペーンの詳細・応募は こちら

障害を乗り越え「食味鑑定コンクール」で入賞を目指します!~わたむきの里福祉会

障害者福祉施設の「社会福祉法人わたむきの里福祉会」は、障害者福祉施設の「社会福祉法人わたむきの里福祉会」は、昨年に続き『米・食味分析鑑定コンクール:国際大会(2019年11月30日開催)』に出品し、入賞を目指しています。ごはん彩々では、コンテスト直前の現地をレポートしてきました。

▼現地レポートはこちら⇒こちら

おいしい近江米ができました!~わたむきの里福祉会

収穫が終わった田んぼで、わたむきの里の障害者施設のみんなが草刈りをしている現場をお邪魔しました。休憩中、みんなで育てたお米(塩むすび)をおいしいそうに食べているのが印象的でした。みなさん、いい汗かいてますね~。

▼現地のレポートは⇒こちら

お赤飯の日って? プレゼントもあります✨

11月23日は『お赤飯の日』の日 ✨ 

11月23日は新嘗祭(にいなめさい)として、古くは皇極天皇(在位642年~645年)の時代より、その年の五穀の収穫を感謝する宮中行儀が行われています。五穀の中に、お赤飯の起源と言われる赤米が含まれる事もあり、平成24年に11月23日が「お赤飯の日」として制定されました。

また、「お赤飯の日」を記念して、赤飯文化啓発協会の事務局をを務め、出雲の国から真心とおもてなしの心を大切にした商品づくりに取り組まれているアルファー食品㈱、様より簡単に炊けるお赤飯「出雲のおもてなし」2箱入りをセットで10名の方にプレゼントさせていただきます。プレゼントの応募方法は記事の最後にございますので、記事をご一読いただき、ご応募いただけれれば幸いです✨ 
 記事を読む