お弁当や残りごはんなどで冷めてしまったごはんを温めるとき、基本的には電子レンジを使うとムラなく簡単に温められます。しかし、キャンプやバーベキューに電子レンジを持っていくわけには行きません。そこで、電子レンジを使わなくても冷やごはんを温める方法をご紹介します。フライパンや蒸し器、鍋を使って温める他、リメイクしてしまうのも美味しいですよ。


まずは基本の電子レンジをおさえよう

まずは、基本的な電子レンジでの冷やごはんの温め方をおさえましょう。

 

1.電子レンジ可の容器にごはんを入れ、水をかける(霧吹きなどがあるとより良い)

2.フォークなどで、塊になったごはんを軽くほぐす

3.ラップをぴっちりかけ、電子レンジで加熱する

 

電子レンジでの加熱時間は出力やごはんの量によっても異なりますが、だいたい600wで1分〜1分30秒くらいが目安です。「あたため」など、専用のボタンがある場合はそれを使うのも良いでしょう。冷やごはんは水分が飛んでしまっているので、水分が逃げないようぴっちりラップをするのがコツです。

 

※解凍後にラップを外すときは、ラップの裏の蒸気が熱いので十分に注意しましょう。

 

冷やごはんでなく、ごはんの冷凍や解凍については、こちらの記事で解説しています。
ごはんの冷凍は熱いままでもOK?ごはんを美味しく冷凍しよう

冷凍ごはんを美味しく解凍する方法って?冷凍するときの注意点も解説!


電子レンジ以外でごはんを温めるには?

電子レンジの場合も同じですが、冷やごはんを温めるときは、いずれもごはんを蒸すように温めるのがポイントです。詳しく見ていきましょう。


フライパン

フライパンを使って冷やごはんを温めるときは、焦がさないように注意が必要です。

 

1.フライパンの中に冷やごはんを広げて入れ、軽く水をかける

2.フライパンにフタをし、弱火で温める

3.焦げつかないよう注意しながら、ごはんが温まればできあがり

 

温めている途中で水分が足りない、ごはんが硬いと感じたら少し水を足し、さらに温めるとふっくらと美味しく温まります。最初にかける水は少なめにしておき、徐々に足していって様子を見るのも良いでしょう。


せいろ・蒸し台

せいろや蒸し台を使って冷やごはんを蒸して温めると、ふっくらした炊きたての美味しさを取り戻せます。

 

<せいろ>

1.せいろをさっと水でぬらし、鍋にお湯をたっぷり沸かす

2.お湯を十分に沸騰させたら、せいろにクッキングシートなどを敷いて冷やごはんを広げ、せいろにフタをして鍋に乗せる (入れる)

3.3〜5分したら蒸し加減をチェックし、足りなければ追加で蒸す

 

<蒸し台>

1.フライパンに水を入れ、蒸し台を広げてフタをし、沸騰させる

2.クッキングシートなどの上に冷やごはんを広げる

3.蒸し台の上に2.のクッキングシートなどを乗せる

4.フライパンとフタの間にふきんやキッチンペーパーを挟み、フタをして10〜15分蒸す

 

いずれの場合も、途中で水がなくなって空炊きにならないように気をつけましょう。お湯が足りなくなりそうなら、途中でお湯を追加します。このとき、水を追加すると温度が下がってしまうので、お湯を足すことに注意しましょう。


冷やごはんは、鍋で蒸す方法もあります。

 

1.鍋底に1cmくらいの深さになるよう水を入れ、沸騰させる

2.沸騰したら冷やごはんをついだお茶碗を入れ、鍋のフタを包むようにふきんをかけてフタをする

3.中〜強火で5分加熱し、できあがり

 

お茶碗は耐熱容器であることを確認してから行いましょう。また、お茶碗が非常に熱くなるので、取り出すときは火傷しないよう十分注意してください。


冷やごはんは思いきってリメイクするのもおすすめ

冷やごはんはそのまま食べるのではなく、別の料理としてリメイクしてしまっても美味しく食べられます。今回は、チャーハンやオムライスなど炒める系、お茶漬けや雑炊などスープ系の2つをご紹介しましょう。


チャーハン、オムライスなど

フライパンを使うのであれば、思いきって炒めごはんとしてリメイクしてしまうのも美味しいです。

 

お好みの具材と一緒に炒めてチャーハンにしたり、鶏肉とケチャップでチキンライスを作ったり、またはその上に卵を乗せてオムライスにしても美味しく食べられます。ガーリックライス、バターライスなどにしてカレーやシチュー、ハヤシライスにするのもおすすめ。ぜひ、冷やごはんを食べるときは検討してみてください。


お茶漬け、雑炊など

そのままお茶をかけてしまえば、最も手軽に食べられるお茶漬けにリメイクできます。水とごはんを入れて片手鍋にかければ、簡単な雑炊にも。

 

水とごはんにコンソメを入れれば洋風のリゾットにできますし、トマト缶を入れたり、チーズを入れたりしてさまざまなアレンジもできます。さらに、パエリア・ドリアなどにリメイクする方法もありますので、ぜひ色々試してみてください。


まとめ

冷やごはんの温め方は基本的に電子レンジが多いですが、フライパン・せいろ・鍋などで蒸して温める方法もあります。また、フライパンや鍋を使うなら思いきってリメイクしてしまうのもおすすめです。好みの方法で冷やごはんを美味しく食べましょう。


0
この記事どうだった?
この記事を見た人はこんな記事も見ています!

お試しお米セット 購入キャンペーン

お試しお米セットのご購入者向けキャンペーンを実施します。ポイント10倍。ぜひこの機会にお買い求め下さい。

冷凍して解凍したごはんは再冷凍してもいいの?リメイク料理のレシピもご紹介!

冷凍して解凍したごはんは再冷凍してもいいの?リメイク料理のレシピもご紹介!

お米の種類は世界でいくつ?日本で作られているお米の種類って?

お米の種類は世界でいくつ?日本で作られているお米の種類って?

お米の歴史について知りたい!日本でお米が主食になったのはなぜ?

お米の歴史について知りたい!日本でお米が主食になったのはなぜ?