【刈取り直前のわたむきの里の田んぼ】

 「わたむきの里福祉会」よりお便りが届きました。
 春の初めに「田起こし」を始めて半年、やっと収穫の時期になりました。イネ刈り作業が続く中、「わたむきの里福祉会」の作業場では、刈り取ってきた「もみ(籾)」を乾燥させ「もみ殻」を取り除き、「玄米」にする最後の工程(もみ擦り)を行っています。

「モミ」の乾燥とは?これを失敗するとすべてが台無しに!!

【みんなで刈取り作業をお手伝い

 お米は、田んぼのイネを刈り取って終わりではありません。この後、お米の将来を左右する「もみ」の乾燥作業が待っています。刈取った直後の「もみ」は、一般に20~30%ほどの水分量があり変形しやすいため、ムラなく水分量が15%になるまで乾燥させます。ここで、少しでも水分量が多すぎるとカビが発生する原因となり、逆に少ないとヒビ割れを起こし、品質や食味に悪い影響が出てしまいます。この時期の生産者は、刈り取りと同時に乾燥作業を行うため、緊張感の中、すばやく慎重に作業を進めています。

おいしさに直結!「わたむきの里」乾燥作業の秘密を紹介します!

 【(水分調整後)みんなで袋詰め作業】

 自然環境に優しくおいしいお米を目指す「わたむきの里」は、他の生産者と異なるこだわりの乾燥作業を行っています。今回は、その秘密を「ごはん彩々」に教えてくれました!

秘密その1:長く放置しない
 刈り取った「もみ」は、長く放置しておくとカビ発生するため、刈り取り後、すぐに乾燥機に入れます。そのため、刈り取りと乾燥機が空くタイミングを計算しながら、作業を進めます。

秘密その2:水分が安定するまで乾燥を開始しない
 「もみ」を乾燥機に入れたら、4~5時間「もみ」を風にあて、ある程度水分を安定させてから乾燥を開始します(すぐに乾燥させると、ひび割れや砕米が増加し、乾燥ムラが発生しやすくなるからです)。

秘密その3:低い温度でじっくり乾燥
 通常、温風は60℃前後に設定し「もみ」を乾燥させます。しかし、「わたむきの里」では、「もみ」に過度な負担をかけないようにするため、40℃まで下げてじっくり乾燥させます。温度を下げた分、水分量がムラなく15%になるまで時間がかかり、作業員の精神的な負担が増しますが、品質や食味の低下を抑えることができます。

秘密その4:乾燥後、「もみ」を冷ましてから「もみすり」を開始!
 多くの生産者は、作業効率を少しでも上げるため、乾燥が終わるとすぐに次の作業である「もみ擦り」(「もみ殻」を取り除き「玄米」にする作業)に入ります。しかし、「わたむきの里」では、熱が完全に取れるまで「もみ」を12時間ほど置き、その後に「もみ擦り」の作業に入ります。
 生産効率よりも品質を追求するのが「わたむきの里」なのです!

 「もみ擦り」が終わり「玄米」状態になったお米は、選別機でゴミやくず米等を取り除き、銘柄・等級検査をした後、「定温倉庫」で大事に保管されます。そして、お客様からご注文が入るまで「玄米」のまま保管し、ご注文のつど「白米」にとう精して、お客様のもとへお届けしています。

▼「わたむきの里」のお米を食べてみませんか?商品は⇒こちら
▼過去の「わたむきの里」の記事は⇒こちら


【取材先】
名称:社会福祉法人わたむきの里福祉会
住所:滋賀県蒲生郡日野町上野田805
(通所施設では日本最大級の障がい者福祉施設です)
同福祉会のHPは⇒こちら


【わたむきの里福祉会の事務所】


この記事どうだった?
この記事を読んだ人はこんな記事も見ています!

美味しいお米を作る「技」を少し見せちゃいます!

わたむきの里福祉会より、お便りが届きました。
イネの「花」が咲きました。もうすぐ、稲刈りが始まります~♪ 今年は、さらに美味しいお米を作るため、葉面散布(ようめんさんぷ)にチャレンジします!!

田植えから約3か月。梅雨が長引きますが生育は順調です!

遠藤さんからお便りが届きました。
田植えから約3か月たちました。早いですね~。稲は、田植えの頃と比べて、見た目にも大きく成長しています。

子供の集中力を引き出そう!女子栄養大学が推奨する「はいが精米」とは?

集中力を養うには、「睡眠」と同じくらい「食事」が大切なのをご存じですか?ごはん彩々では、女子栄養大学が推奨する集中力アップに必要な栄養が含まれた「はいが精米」を紹介します。

今年も「こども食堂」を応援します!

今年もこども食堂へお米を寄付する活動に参加させていただきます!(令和2年)