わたむきの里福祉会からお便りが届きました。
 今年の田植えは無事に終わりました。しかし、イネをきちんと生長させるには、これから「雑草」との戦いが始まります!「わたむきの里福祉会」では、農薬や除草剤をなるべく使わず(慣行栽培の50%以上の削減)、生態系を壊さない取組みを行っています。

田んぼに浮かんだ雑草や葉を取り除きます

農具を使い浮かでいる雑草などを取り除いています

田植えからおよそ1週間後、農具を使用し田んぼに浮かんだ雑草や葉などをすくいあげます。田んぼに浮かんだ草や葉は、ほっておくと田植え後の苗に覆いかぶさって、苗を腐らしてしまうからです。「わたむきの里福祉会」の田んぼは山の中にあるため、ペットボトルなどゴミなどが浮かんでいませんね~。

あぜ道の雑草は刈取ります!

 あぜ道の雑草は刈取ります

あぜ道の「雑草」には、草刈り機を使用して刈取ります(除草剤使いません)。あぜ道の「雑草」は、根がしっかり張っており、地盤を固くしてくれているからです。雑草の根を抜いたり除草剤で枯らしたりすると、あぜ道の地盤が弱くなるため、崩れたり、水漏れの原因になります。雑草との戦いはまだまだ続きます!


●「わたむきの里福祉会」のお米を食べてみませんか?商品は⇒こちら
●過去の記事は⇒こちら


この記事どうだった?
この記事を読んだ人はこんな記事も見ています!

田んぼに風景が映り込む「早苗田(さなえだ)」が見れますよ~♪

わたむきの里福祉会よりお便りが届きました。
 山間の美しい風景が田んぼに映り込んだ「早苗田(さなえだ)」がきれいに浮き出ています。

早くも田植えが始まりました! わたむきの里福祉会

「わたむきの里福祉会」からお便りが届きました。
 4月21日、滋賀県蒲生郡にある綿向山(わたむきやま)のふもとで、早くも田植えが始まりました。

「田起こし」が始まったよ~♪ わたむきの里福祉会

「わたむきの里福祉会」からお便りが届きました。
 4月1日、トラクターが入れるような天気が良い日を待って、「田起こし」を始めました。

2020年(令和2年)の田植えが完了しました!

遠藤さんからお便りが届きました
 今年も無事に田植えが終わりました。苗の緑が一段と鮮やかになり、水の張った田んぼに澄んだ青い空と美しい山々がキレイに映り込んでいます。