やわらぎオムライス

 

調理時間
20分
エネルギー
497.6kcal
塩分
1.92g
「ごはん彩々」ふるさとメシ File.23 「やわらぎ オムライス」(石川県 宝達志水町)
石川県宝達志水町は、オムライスの産みの親と言われる、大阪の洋食屋「パンヤ食堂(現 北極星)」の
北橋 茂男さんのふるさと。この町でスタートした「オムライスの郷プロジェクト」、宝達志水町の料理人たちが、地元食材を活かし、おもてなしの心を込めて、工夫を凝らしたオムライスを提供しています。
今回は、元祖オムライスの店「北極星」の総料理長、北橋 茂登志氏が考案したオリジナルレシピをご紹介します。
”ニッポンの洋食”オムライスをお楽しみください。
オムライスにお奨めのお米:ななつぼし、ササニシキ、あさゆき等 お求めはSHOPで!

材料(4人分)

■ ごはん
500g
■ 鶏モモ肉
120g
■ タマネギ
2個
■ チンゲンサイ
1束
■ 生シイタケ
2個
■ 卵
8個
■ 塩・こしょう
■ トマトケチャップ
適量
■ 合わせ調味料
適量
【オムライスソース 10人分】
白ワイン5:しょう油2:酒3

■ タマネギ
■ にんじん
100g
■ ピーマン
50g
■ トマトジュース
50g
■ 白ワイン
190g×2缶
■ 固形コンソメ
少々
■ トマトケチャップ
1粒
■ 宝達くず
大さじ4
■ 砂糖
20g(なければ、小麦粉、バター各30g)
■ こしょう
大さじ2
 
少々
作り方
  1. ① 千切りにしたタマネギ、にんじん、ピーマンを鍋で炒め、白ワインを加える。
  2.  次にトマトジュース、トマトケチャップ、固形コンソメ、砂糖を加える。
  3. ② 煮あがったら、"宝達くず"を水に溶いたものを加える。最後にこしょうで味を整えれば、ソースの出来上がり。
  4. (宝達くずの代わりに小麦粉とバターでも可)
  5. ③ フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、1cm角に切った鶏肉を炒め、溶き卵を少量加える。
  6.  みじん切りのタマネギ、細かく切ったシイタケを加え、炒める。
  7. ④ ほんのり温かいご飯を加え、塩、こしょうと合わせ調味料少々を加え、よく炒めたら、
  8.  茹でたチンゲンサイを入れて混ぜる。
  9. ⑤ ④にケチャップを加えてサッと炒め、混ざったらすぐ火を止める。
  10.  (注意:ケチャップを入れたら炒めすぎないこと)
  11. ⑥ フライパンをよく熱し、サラダ油少々を加え、溶き卵(1人2個)を入れてかき混ぜ、半熟にする。
  12. ⑦ ここへ⑤の炒めたご飯(1人分)をまんべんなくのせ、火を止める。
  13. ⑧ オムライスを巻く
  14. ⑨ ここに②のソースをかけて、完成。
このレシピどうだった?
ふんわり卵のやわらぎオムライス ☆  他にもこんなレシピをご覧になっています (*^^*)

ワンプレート夏越ごはん ❤

6月30日は夏越ごはんの日

ソースカツ丼

ふるさとメシ File.5(福島県会津地方)

五目炒飯

手早く栄養満点の炒飯をマスターしましょう♪

にこまるでおむすび!

ごはんの粒を感じる豚汁と塩むすび~♪