ワンプレート夏越ごはん

 

調理時間
60分
エネルギー
634kcal
塩分
2.5g
6月30日は「夏越ごはんの日」。古来より全国の神社で行われている「夏越の祓(なごしのはらえ)」の神事に合わせ制定されました。この日は栗や豆などの雑穀が入ったごはんに赤や緑の旬の夏野菜を丸いかき揚げにしてのせた「夏越ごはん」を食べて、一年の後半も元気に過ごしましょう!
❤ 今回使用したお米『ひとめぼれ』他にももっちり系の「ゆめぴりか」などと合わせると、雑穀ごはんがしっとりとまとまり易いです。お徳な雑穀はこちらから!


材料(2人分)

【雑穀ごはん】                  
■ 米
150g(1合)
■ 雑穀
25g
■ 水
220g(1カップ強)
■ ミント
飾り
【ミニかき揚げ】
■ エビ(殻をむいたもの)     
60g
■ ゴーヤ(にがうり)
40g
■ 赤ピーマン
20g
■ 玉ネギ
40g
■ 天ぷら粉
大さじ2
■ 水
大さじ2
■ 揚げ油(あれば米油)
適宜
■ 大根おろし(おろしだれ)
60g
(生姜おろし 少々、醤油12g、レモン汁5g)  
■ 【人参サラダ】
--
■ 人参
100g
■ ベーコン
10g
■ フレンチドレッシング
20g(大さじ1・1/3)
■ エンダイブ
少々
■ ミニトマト
40g
【コソメスープ】 
■ スープの素(顆粒)
2g(小さじ2/3)
■ 水
300g(1・1/2)
■ 塩
1g(小さじ1/6)
■ 人参のせん切り
10g
■ パセリみじん切り
少々

お米をご購入希望の方はこちら
作り方
  1. 【雑穀ごはん】
  2. ①米1合に雑穀を25g入れて1合の水加減で普通に炊く米1合に雑穀を25g入れて1合の水加減で普通に炊く
  3. 【ミニかき揚げ】
    • ①えびは背ワタを取り、1cm位に切る。
    • ②ゴーヤ、赤ピーマン、玉ねぎは短めの薄切りにする。
    • ③天ぷら粉に水を入れて混ぜ、①、②を入れる。
    • ④揚げ油は170度に熱し、③をスプーンで丸く入れ、からりと揚げる。
    • ⑤材料を合わせておろしだれをつくる。
    • 【人参サラダ】
      • ①人参は5cm長さのせん切りにし、ドレッシングを入れて和え、しばらく置いておく。
      • ②ベーコンは1cmに切り、フライパンで乾煎りしてカリカリにし、①に加える。
      • ③器にサラダを盛り、エンダイブを添える。
      ④ミニトマトは脇に添えるかプレートに飾る
    • 【コンソメスープ】
      • ①鍋に水、スープの素、にんじんを入れ、煮立ったら火を弱めて少し煮、塩で調味し、パセリをちらす。
  4. 監修 宗像伸子(ヘルスプランニング・ムナカタ 主宰・管理栄養士)
  5. 夏越ごはんの日
このレシピどうだった?
夏越ごはんをワンプレートで ❤

夏越ごはん

夏越ごはんオリジナルを再現!
更にサイドメニューで栄養価をプラス!

深川めし(ぶっかけ)

ふるさとメシ File.11「深川めし」(東京都江東区)

冷しゃぶで一汁三菜!

暑い夏もさっぱり冷しゃぶでごはん!

夏野菜カレー

彩々流 夏ごはん!夏越ごはんの日にも!
食欲を増進させるカレーで栄養補給!