遠藤五一さんよりお便りが届きました。
 除草剤をほぼ使わない遠藤さんの田んぼは、水草や雑草がどんどん生えてくるので定期的に手で除草しなければなりません(※除草剤をまったく使わない田んぼもあります)。

除草しないと美味しいお米はできません

 除草作業は、地味に見えますが、非常に大事な仕事です。そのままにしておくと、雑草がイネに必要な栄養分を奪ってしまったり、害虫や病原菌の住み家になったりするからです。

除草作業は過酷そのもの!

 田んぼでは、足を取られながら、何度も腰を曲げて雑草を取ります。顔をイネの間に入れるため、稲の葉で顔が切れます。また、作業中には、蚊が寄って来るため、暑くても半そでになることができません。そんな重労働をこなしながら、おいしいお米を作るため、遠藤さんは黙々と丁寧に雑草を抜いています。
これからも、応援よろしくお願いします(^^)/

▼遠藤五一さんのお米を食べてみませんか?商品は⇒こちら
▼過去のお便りや取材記事は⇒こちら








この記事どうだった?
この記事を読んだ人はこんな記事も見ています!

夕日に輝く遠藤さんの田んぼに感動!(田植えが始まりました)

遠藤五一さんより、お便りが届きました。
 遠藤さんの田んぼで田植えが始まりました。今年も田んぼには、山から流れる清水が張られ、カエルの合唱が聞こえてくるようになりました。

2020年(令和2年)の田植えが完了しました!

遠藤さんからお便りが届きました。
 今年も無事に田植えが終わりました。苗の緑が一段と鮮やかになり、水の張った田んぼに澄んだ青い空と美しい山々がキレイに映り込んでいます。

苗を「育苗ハウス」へ移動!もうすぐ田植えです(遠藤五一さん)

遠藤五一さんより、お便りが届きました。今年も苗は順調に成長しています!

「精米」にもこだわる老舗米卸(みずほ米穀㈱)を取材してきました!

今回は、お米はもちろん「精米」にもこだわっている老舗米卸「みずほ米穀株式会社」(鳥取県)を取材してきました。