食味鑑定コンクールへ出品する「ゆうだい21」

障害者福祉施設の「社会福祉法人わたむきの里福祉会」は、障害者福祉施設の「社会福祉法人わたむきの里福祉会」は、昨年に続き『米・食味分析鑑定コンクール:国際大会(2019年11月30日開催)』に出品し、入賞を目指しています。ごはん彩々では、コンテスト直前の現地をレポートしてきました。

障害者でも頑張ればできることをみんなに伝えたい

食味鑑定コンクールへ出品する「コシヒカリ」の刈取り作業

令和元年産米について、わたむきの里の酒井さんは、「今年は、米の匠である遠藤五一さんを招き、栽培指導を受けながら一生懸命作りました。コンテストで入賞することにより、障害者でも頑張ればできることをみんなに伝えたい。また、入賞しブランド化できれば、お世話になっている日野町の活性化のお手伝いができる」と語り、、コンテストへ向けた意気込みが強く伝わってきました。

【コンクールへ向けた意気込みは、以下のURLからご視聴できます】
 ↓ ↓


◆わたむきの里のみんなが作ったお米を食べてみませんか?商品は⇒こちら

◆遠藤五一さんの指導の様子は⇒こちら

◆収穫の様子は⇒こちら

【取材協力】
社会法人わたむきの里福祉会
住所:滋賀県蒲生郡日野町上野田805
同福祉会については⇒こちら


この記事どうだった?
この記事を読んだ人はこんな記事も見ています!

遠藤五一さん―「わたむきの里福祉会」とお米づくりにチャレンジ!(遠藤五一さんのお米ができるまで 番外編2)

遠藤さんは、障害者福祉施設の皆さんと一緒においしいお米作りにチャレンジ中です!

みんなで刈取りをスタート!~わたむきの里

障害者福祉施設『わたむきの里』で刈取りが始まりました。みんながんばってます!

今年も「こども食堂」を応援します!

今年もこども食堂へお米を寄付する活動に参加させていただきます!(令和元年)

遠藤五一さん―農薬不使用・天日干しコシヒカリを取材!~遠藤五一さんのお米ができるまで その8)

味に深みが増す「天日干し」を取材。重労働に加え非常に手間がかかります!!