❶ 根菜とホタテのカレ-   ❷ 野菜サラダ

 

調理時間
40分
エネルギー
757cal
塩分
3.1g
カレーライスは国民食と言っても良いくらい、どのご家庭でも定番の人気メニュー。今回は根菜類のたっぷり入ったカレーです。夏の暑い日には汗を掻きながら、冬の寒い日も心底あたたまる根菜カレーを。そして1月22日は「カレーの日」!今では学校給食でも定番メニューとなりましたが、1982年に初めて小中学校の給食にカレーが登場した日と言われています。
※ 調理時間に炊飯時間は含みません
❤ 今回使用のお米:福島県 浜通り産 コシヒカリ(商品名:Iwaki Laiki)  

材料(2人分)

■ ごはん
500g
❶【 根菜と帆立のカレー】
--
■ ホタテ貝柱
140g
■ 玉ネギ
60g
■ ダイコン
100g
■ ニンジン
60g
■ レンコン
40g
■ ゴボウ
40g
■ ジャガイモ
80g
■ ブロッコリー
40g
■ ニンニクみじん切り
少々
■ 生姜みじん切り
少々
■ 米油(あれば)
16g(大さじ1・1/3)
■ スープの素
2g(小さじ2/3)
■ 水
3カップ
■ カレー粉
4g(小さじ2)
■ 小麦粉
12g(大さじ1・1/3)
■ トマトピューレ
20g(大さじ1強)
■ とんかつソース
6g(小さじ1)
■ 塩
3g(小さじ1/2)
■ 福神漬け、らっきょう
適宜
❷【 野菜サラダ 】
--
■ エンダイブ
40g
■ キュウリ
40g
■ セロリ
20g
■ トマト
60g
■ フレンチドレッシング
20g(大さじ1・1/3)
作り方
  1. ❶【 根菜と帆立のカレー 】
  2. ① 玉ネギは薄い串型、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、レンコンは乱切りにする。
    ② ジャガイモは一口大に切る。
    ③ ブロッコリーは茹でて小房に分ける。
    ④ 鍋に米油をあたため、ニンニク、生姜を炒め、玉ネギを入れて炒める。カレー粉、小麦粉を入れて炒め、トマトピューレ、とんかつソースを入れて混ぜ、水、スープの素を加えて混ぜる。煮立ったら残りの①を入れ、6~7分中火で煮る。ジャガイモを入れて7~8分煮、ホタテ貝柱(大きい場合はそぎ切り)を加え、塩で調味し、③を加える。
    ⑤ 器にご飯を盛り、④をかけ、福神漬け、らっきょう漬けを添える。
    (カレールーを使うときは米油でにニンニク、生姜、①を炒める。水、スープの素を加えて10分くらい煮、ジャガイモを入れて柔らかく煮る。火を止めてカレールー2人分を入れて溶かし、再び火をつけてホタテ貝柱を加えて煮、ブロッコリーを入れる。)
  3. ❷【 野菜サラダ 】
    ① エンダイブは食べやすくちぎり、キュウリは小口切り、セロリは薄切り、トマトは乱切りにし、器に盛り、フレンチドレッシングをかける。
監修 宗像伸子(ヘルスプランニング・ムナカタ 主宰・管理栄養士)

このレシピどうだった?
このレシピを見た人は?

お米 レシピ ヘルシー きのこのキーマカレー

フライパン1つで簡単調理!

『おいしいご飯の炊き方セミナー』が大盛況

農林水産省「消費者の部屋」で『おいしいごはんの炊き方セミナー』を開催!

お米レシピ 和風 野菜カレー

玄米入りごはんと和風野菜カレーのレシピ

ふくしま県!いわき市の米作りとフラガール!

Iwaki Laiki (いわき産コシヒカリ)と フラガールのお話 ✨