ピビンパ(비빔밥)

 

調理時間
90分
エネルギー
685kcal
塩分
-- g
アンニョンハセヨ~♪ピビンパは丼一杯で、ごはん、野菜、肉など、いろいろな食材の栄養素が一気に摂れる、スーパーレシピ!さらに白米を雑穀ごはんに変えるなどすれば、糖質はもちろんビタミンB1も必要量摂れます。そして韓国では産後の弱った体に食べられるほど栄養価の高いワカメスープや発酵食品であるキムチを加えれば、非常にバランスの行き届いたメニューになります。
調理時間・エネルギーに「ワカメスープ」と「キムチ」は含まれません。
❤ 今回使用のお米:きぬむすめ(アッサリ系のきぬむすめは、具材と混ざった時にベチャつかず、複数の具材に混ぜあわせても、ツルりとした米肌のお米とマッチして食感の良い混ぜごはんとなります!


材料(4人分)

【 ピビンパ 】
685kcal
■ 雑穀ごはん(十六穀 米3合に30g)
1,000g
■ 牛もも肉
200g
a しょう油 
18g(大さじ)
a みりん 
12g(小さじ2)
a 生姜みじん切り 
少々
a ニンニクみじん切り 
少々
a 赤唐辛子小口切り 
少々
■ ニンジン
150g(1本)
b 塩
1.2g(小さじ1/5)
b 白ゴマ(炒りゴマ)
3g(小さじ1)
b 生姜みじん切り
少々
■ ゼンマイ水煮
150g
c しょう油
12g(小さじ2)
c 砂糖 
4g(小さじ1・1/3)
c だし 
1/3カップ
c 生姜みじん切り 
少々
c 赤唐辛子小口切り 
少々
c 油(あればコメ油)
4g(小さじ1)
■ 大豆モヤシ
150g
d しょう油 
12g(小さじ2)
d ゴマ油 
4g(小さじ1)
d 生姜みじん切り 
少々
d 赤唐辛子小口切り 
少々
d ニンニクみじん切り 
少々
■ サヤインゲン
120g
e 塩
1.2g(小さじ1/5)
e ゴマ油
2g(小さじ1/2)
e 生姜みじん切り
少々
■ 卵黄
4個
※ ワカメスープ 
--
※ キムチ 
--
作り方
  1. ① 牛肉は細く切り、鍋に入れてaと混ぜ、火にかけて箸で混ぜながら煮る。
    ② ニンジンはせん切りにし熱湯でさっと茹でて、bの塩、炒りゴマ、生姜であえる。
    ③ ゼンマイは食べやすい長さに切り、cを油で炒めて、汁がなくなるまで煮る。
    ④ 大豆モヤシは根をとり、熱湯に入れて茹で、ザルにとって冷まし、dで和える。
    ⑤ サヤインゲンは筋を取り、茹でて斜めに細く切り、eの塩、ごま油、生姜で和える。
    ⑥ 器にご飯を盛り、①~⑤を彩りよく盛り、真ん中に卵黄をのせる。
    ⑦ 食べる時、全体をよく混ぜる。
このレシピは㊨の記事に詳しく掲載しています → スタミナ丼で夏を乗り切る体力づくり!

監修 宗像伸子(ヘルスプランニング・ムナカタ 主宰・管理栄養士)

このレシピどうだった?
このレシピを見た人は?

ワンプレート夏越ごはん ❤

6月30日は夏越ごはんの日

銀だらの西京漬で一汁三菜!

ごはんとほっこり焼き魚~♪

スポーツVめし!

暑い季節のスポーツにも負けない!
勝負めしはアスリートVめしで!

めんそ~れジューシーごはん

沖縄の代表的な炊き込みごはん!
豚バラ肉がごはんをしっとりまとめます!