秋の山の炊き込みご飯 ~ 秋深し!

 

調理時間
75分
エネルギー
345kcal
塩分
--g
秋の山を彷彿させる、季節感たっぷりキノコの炊き込みごはんです。高級なキノコを使わなくても、味わい深く秋の夜のほっこりとしたメニューになります。すまし汁も是非お作りいただき、優しい秋の食卓を演出してください。お弁当にも喜ばれます!
調理時間・エネルギーに「菊花豆腐のすまし汁」も含まれます。
❤ 今回使用のお米:コシヒカリどっさりキノコが入っても、シャキっとしかっりした米粒がキノコ達に負けません。お弁当にする場合は少しモッチリ感のある「ゆめぴりか」などにすると冷めても美味しくお召し上がりいただけます。

材料(4人分)

 【秋の山の炊き込みご飯】
313kcal
■ 米
300g(2合)
■ 水
400g(2カップ)
■ 酒
20g(大さじ1・1/3)
■ 塩
2g(小さじ1/3)
■ しょう油
8g(小さじ1・1/3)
■ クリ(皮をむいたもの)
80g
■ 生シイタケ
60g
■ シメジ
60g
■ エノキダケ
60g
■ 糸ミツバ
20g
 【菊花豆腐のすまし汁】
32kcal
■ 絹ごし豆腐
200g
■ 春菊
20g
■ だし
500g(2・1/2カップ)
■ 塩
2.5g(小さじ2/5)
■ しょう油
4g(小さじ2/3)
■ 柚子
少々
作り方
  1. 【 秋の山の炊き込みご飯 】
  2. ① 米は洗って水気をきり、分量の水につける。
    ② クリは(鬼皮、渋皮をむき)、3~4つに切る。
    ③ 生シイタケは薄切り、シメジは小房に分ける。エノキダケは下方を切って長さを半分に切る。
    ④ ①に酒、塩、しょう油を入れて軽く混ぜ、②、③を入れて普通に炊く。
    ⑤ 糸ミツバは茹でて3cm長さに切る。
    ⑥ 炊き上がった④に⑤を加えてさっくり混ぜ、器に盛る。

  1. 【 菊花豆腐のすまし汁 】
    • ① 豆腐は4等分にし、下方1/4を残して縦、横に細かい切りこみを入れる。
    • ② 春菊は葉先を摘み、茹でて水気をきる。
    ③ だしを温め、塩、しょう油で調味し、静かに①を入れてあたため、器に盛り、②を添える。柚子の皮のそぎ切りを豆腐の真ん中に添える。


このレシピどうだった?
このレシピを見た人は?

かきごはん

牡蠣の季節にに一度は食べたい!
海のミルクで寒い季節の栄養ごはん!

ハロウィン ワンプレートおにぎり

ハロウィンもごはんで!

銀だらの西京漬で一汁三菜!

ごはんとほっこり焼き魚~♪

根曲がり竹の炊き込みごはん

ふるさとメシ File.1(長野市編)